2017年1月15日日曜日

みたか発電 2017年も元気に活動開始です!

みなさま こんにちは。みたか市民協同発電です。

昨年もたくさんのみなさまにお世話になりました。
新しい年になりましたが、みたか発電は今年も元気に活動開始です。
どうぞよろしくお願いいたします。


新年最初のおしらせは「正会員限定ツアー」です。
この機会にぜひみたか発電の正会員になって、ツアーに参加しませんか?

********************

☆調布「えねこや」オフグリッドハウス見学ツアー開催☆

2017年2月12日(日)14:00~ 調布市深大寺北町(正会員10名のみ)





みたか発電の会員でもある調布の建築士、湯浅 剛さんが昨年空き家を買い取り、
改築したオフグリッドハウスを見学します。

災害時には地域の拠点として開放、普段は湯浅さんのオフィスとして使われています。
自然エネルギーの活用として、ソーラーパネル発電、太陽熱温水器を設置。
省エネとして暖房には無電力ペレット、三重ガラス、室内空気循環システムを
設置しているそうです。

エネルギーがどのように効率的に使われているのか、暑い時季、寒い時季を
どのように過ごされているのか、今までの苦労話からこれからの夢まで
いろいろと興味深いお話が聞けると思います。

参加ご希望の方はお早めに「えねこや見学希望」とお申し込みください。
正会員でない方はこの機会に正会員になっていただき、この企画にぜひご参加ください。


お申し込みは下記メールアドレスよりどうぞ。

mitakahatsuden☆gmail.com
(☆をあっとまーくに変えて送信してください。お名前、ご連絡先をお忘れなく)
お申込み締切は2月5日です。


※みたか発電正会員
 年会費¥2,000をいただきます。
 総会の議決権あり、会議への参加や正会員限定のイベントにも参加できます。



今回は限定10名の募集です。よろしくお願いいたします!




2016年12月5日月曜日

みたか発電 2016年秋の学習会開催やイベント出展のご報告など

みなさま、こんにちは。みたか市民協同発電です。


早いもので今年ももう12月。
ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、この秋、みたか発電は学習会を企画したり
様々なイベントに出展しました。写真とともにご報告いたします。



◆ 電力自由化入門講座 「電力会社のかしこい選び方」

全3回 その1  9月19日(月・祝) 三鷹台団地第一集会所(三鷹市牟礼)
   その2 10月29日(土)   三鷹市市民協働センター(三鷹市下連雀)
   その3 11月20日(日)   明星学園小学校イチョウのホール(三鷹市井の頭)


今年4月から始まった電力の小売り自由化。
でも、内容がどんなものなのか、知らない方もいらっしゃいます。

そこで、みたか発電では太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)の田中稔さんを
講師にお招きし、「わかりにくい」を「わかりやすく」!
「電力自由化ってそもそも、どんなものなの?」「お得な電気の選び方は?」
「安全な電気を選ぶにはどこに注目すればいいの?」などなど
身近な話題を中心に、資料を基に考える学習会を開催しました。


 講師を務めた PV-Netの田中稔さん


全会場とも入場無料のこの学習会。
会場からはいろんな質問も出ました。



◆ 10月22日(土)、23日(日) 井の頭コミュニティまつり 出展

「続けよう!震災復興支援の輪」を合言葉に
今年も井の頭コミュニティまつりが行われました。

私たちみたか発電もブースをひとついただき、
コミセン本館の展示で参加しました。

2日間にわたって行われたまつりでは様々な団体の展示、健康づくりコーナー、アクセサリー作りやカフェ出店もありました。
まさに、見て、参加して楽しい地域のお祭りでした。

みたか発電のブースを訪ねてこられた方には
最近の私たちの活動を説明したり、資料を手渡したりしました。






◆11月5日(土)、6日(日) NPOフォーラム「みたか わの縁日」 参加


三鷹市内外のNPOや活動団体、個人などが集うお祭り、「みたか わの縁日」が
今年も開催されました。

みたか発電は今年で参加3年目。
2日間にわたって展示ブースで参加のほか、
6日には外であたたかいポトフの模擬店としても参加しました。
ソーラークッカーで作った「ふかしさつまいも」も、好評でしたよ~♪


☆来年もいろんな企画を考えています。
みなさま、近くで「みたか発電」のイベントがありましたら
ぜひともお出かけください。またお知らせします!


***************************

※ 来たる12月11日(日)16:00~ 私たちの学習会でも講師を務めてくださったPV-Netの田中稔さんがお話する「市民活動学校」のご案内が届いていますので、最後にご紹介します。




もうひとつの学び場 「市民活動学校 2016」

日時:12月11日(日)16:00~
場所:武蔵野プレイス(JR武蔵境駅そば)1階ギャラリー


<PV-Net 田中稔さんからのメッセージ>

12月11日(日)に開催されます「市民活動学校」の5時限目(16:00~17:00)で
NPOむさしの市民エネルギーから講師としてお招き頂いております。

電力自由化、再エネ電気の選び方・日本の再エネ、温暖化とパリ協定、等について
30分弱でお話しさせて頂いた後、 残り30分ほどは参加者のみなさんによる意見交
換を予定しておりますので、「聞くだけ」では物足りないという方、再エネ電気や温暖
化対策等についてご意見をお持ちの方は積極的にご参加頂ければと思います。

武蔵野市外の方でも参加頂けます。
お申し込みは武蔵野プレイス市民活動支援担当 0422-30-1903 までどうぞ。


***********************



来年のみたか発電にもどうぞご期待ください!





2016年8月15日月曜日

8月6日(土)、みたか発電第2回通常総会、開催しました

みなさま、こんにちは。みたか市民協同発電です。

8月に入って暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、8月6日(土)午前、市内の市民協働センター会議室で、
NPO法人みたか市民協同発電の第2回通常総会が開催されました。



まず初めに、代表理事の大谷内千秋による開会挨拶です。


********


 みなさま、本日は「みたか市民協同発電 第2回通常総会」にお集まりいただきありがとうございます。

 昨年10月には、念願の「明星学園市民協同発電所」1号機をスタートさせることができました。毎月発電量をチェックしに行くのですが、7月も予想以上に順調に発電していました。ここでできたクリーンな電気で少しでも地域に貢献していると思うと嬉しいです。
 
 この発電事業の他にも、昨年度は電力自由化学習会やベランダ発電工作セミナー、他の市民発電団体との連携や三鷹市への温暖化対策の提案なども行いました。現在、正会員、賛同人、賛助会員を合わせますとメンバーは104名になっています。今後もさらに共感していただける仲間を増やしていきたいと思っています。

 さて、活動3年目の今年はみたか発電の原点に立ち返り、目の前のことだけでなく「私たちの願う5年後の社会(2021年)はどのようなものか」という中長期的ビジョンを立てることになりました。
 再エネ普及対策で地域エネルギーが増えている、地球温暖化対策として緑地化に力を入れている、身近な施設であるコミセンや幼稚園などに非常用のソーラーパネルや温水器が取り付けられている、など、環境面をより重視する社会になっていてほしいと思い描いたのですが、みなさまはどのような社会を想像されますでしょうか。これはやろうと思えば実現できる社会だと私は考えます。

 
 みたか発電の当初の活動目的「持続可能なエネルギーのありかたを地域から創っていくこと」を土台に、一歩一歩再エネ中心の社会を目指してこれからも進んでいきます。
 みなさまのご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします。

********




このあと、総会は議案書に基づき、第1号議案から第3号議案までを審議。
それぞれの議案で質問、意見交換が行われましたが、
最終的にはすべての議案が承認されました。 


第1号議案 第2期 2015年度事業報告・決算報告 

第2号議案 第3期 2016年度活動計画・収支予算案


第3号議案 役員の1名増員について
 



最後にこの日出席した役員が並び、一言ずつ挨拶をしました。



代表の大谷内の挨拶の通り、2016年度もみたか発電は一歩一歩、進んでいきます。

今後ともみなさまのご支援をよろしくお願いいたします。








2016年5月8日日曜日

5月1日(日) 『第3回ベランダ発電工作セミナー』 を開催しました

このへんの電気はこのへんでつくろう~!


こんにちは、みたか市民協同発電です。
いつも応援・ご支援いただきまして、ありがとうございます。


ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。
みなさんは、どのように過ごされましたか?


さて、そのゴールデンウィーク中の5月1日(日)に
わたしたちみたか発電主催の 『第3回ベランダ発電工作セミナー』 が開催されました。




◆ 第3回 ベランダ発電工作セミナー 大盛況~!


今回で3回目となるわたしたちみたか発電の「ベランダ発電工作セミナー」。
今回はゴールデンウィークの最中でもあったせいか、
お子さん連れの参加者の方が多く、 にぎやかなひとときとなりました。



まずは代表理事の大谷内千秋のあいさつです。



「本日はご参加いただきありがとうございます。

今日いらしてくださったかわいいお子さんたちも『電気はこうやって作ることができるんだな』と
少しでも分かってもらえればうれしいですし、将来、何かあった時にきっと役立ちます。


先月中旬に起こった熊本・大分の地震、一日も早い復旧を心より祈っています。
大きな地震がいつどこで起こってもおかしくないと言われていますが、
備えあれば憂いなし、いざと言うときのための準備は必要だと改めて感じました。
準備の中に今日ご紹介するこの小さな50Wのオフグリットの発電機があればと思います。
こんな小さなものでも携帯の充電や照明にも使えますし、非常時にはどんなに心強いでしょう。




私たちみたか発電は、地域から原発や化石燃料に変わる安全なエネルギーを広げたいと、
3.11を機にこれまでさまざまな取り組みを行ってきました。
今年4月から電力の自由化も始まりましたが、どんどん使っていく消費型ではなく、
環境面を考えたエコなエネルギーをみなさんと一緒に考えていければと思っています。
楽しく、工夫をしながら取り組んでいきますので、これからもよろしくお願いします」


***********************



スライドを用いてのみたか発電の紹介を行った後は
いよいよセミナーの講義がスタート。
太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)の馬場裕さんが
講師を務めます。
ショートさせない、電気についての基礎知識。
皆さん資料を見ながら真剣に聞いています。




休憩のあとは工作タイム。それぞれのテーブルにみたか発電のスタッフが助手として付きます。
みんなでわいわい、がやがや、時には笑い声もあがります。

子どもたちも真剣なまなざしでドライバーを握ってお手伝い。
インバーター、ブレーカー、コントローラーなどのパーツを
赤や黒のケーブルでつないでいきます。


最後に50Wのソーラーパネルの付属ケーブルとPVケーブルとをドッキング。
1時間ちょっとですべてのテーブルのキットが完成しました。


この日はとてもお天気が良かったので、
会議室を出て館内の陽のあたる窓際に全員で移動します。
太陽の光を浴びて発電が始まりました。

「わー!発電してる」 「もう何か動かすことができるのかな?」など、声があがります。





その後、会議室に戻り、
みたか発電のスタッフによるデモンストレーション。

Ipodを接続してスピーカーから音楽を流したり、
コーヒーミルを動かしたり。LEDの電気もつけてみました。










質疑応答や「電力自由化入門」の話など、最後まで盛り上がったセミナーでした。
終了後のアンケートでは
「とてもわかりやすかった」「早速使ってみたい」
「実際にベランダに設置する時のことを考えながら作ることができた」などの声が聞かれました。


身近な自然エネルギーが自分たちで作れるんだというきっかけ作りにもなる
ベランダ発電工作セミナー。
まだ未体験の方にはぜひ経験していただきたいですね。


2016年4月3日日曜日

5月1日(日)『第3回ベランダ発電工作セミナー』 開催します!

みなさま、こんにちは みたか市民協同発電です。
いつも応援、ご協力をありがとうございます。


本日は5月1日に開催される『第3回ベランダ発電工作セミナー』のご紹介です。

開催まで1ヶ月をきりました。
毎回、「わかりやすい!」「面白い!」と好評のこのセミナー、
ぜひぜひご参加ください。

DIYが苦手でも大丈夫!当日の組み立てはスタッフがお手伝いしますよ。


■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■■□□■


あなたにも“電気” つくれます!
第3回 ベランダ発電工作セミナー

ミニ太陽光発電キットを組み立ててみませんか?

ベランダに置けるくらいの省スペースサイズ。作ったその日からおうちで発電!
昼間の太陽の光を集めて電気をつくる喜び、使う楽しさ。

あなたも体験してみませんか?


日時  5月1日(日) 13:15~16:30

場所  三鷹市市民協働センター第二会議室

資料代  500円


事前申込制です。

〇Aタイプ(キット実作) 先着5名様。自分で発電キットを組み立ててみたい方

※発電キット入門セットをご用意します。(50Wパネルキットの場合:28,000円)


〇Bタイプ(見学希望) 太陽光発電に興味があるので、キットの実作を見学したい!という方

※見学希望の方にもちょこっと実物に触れることができますよ♪

主催:NPO法人 みたか市民協同発電

協力:PV-Net 東京地域交流会(NPO法人太陽光発電ネットワーク)


参加ご希望の方は下記必要事項を記入し、メールにてお申し込みください。
(チラシをお持ちの方は裏面が参加申込書になっていますのでFAXのお申し込みも可能です)

FAXお申し込みの方は 0422-31-0287 へ!

*******************

◆ お申込みフォーム


● 参加タイプ  A(キット制作)    B(見学)

● 氏名(フリガナ)

● 郵便番号・住所

● 電話番号(連絡のつきやすい番号をお願いします)

● メールアドレス


*******************


<お申込み先メールアドレス>

mitakahatsuden★gmail.com  

◆『★』印をアットマーク(@)にして送信ください



<重要!> Aタイプ(実作希望)でお申し込みの方へ

●キット購入について:入門キットとして50Wのパネルキット(28,000円)をご用意します。

●購入の手順について:

セミナー参加申し込み(メールorFAX)→代金入金確認→キット発注→当日セミナーで組み立て


●キット購入代金お支払い口座(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)

三菱東京UFJ銀行 神保町支店 普通口座 2244841
口座名義 太陽光発電所ネットワーク 東京地域交流会 代表 高柳良大


●入門キットのご購入について、その他ご相談は…

NPO法人太陽光発電ネットワーク 東京地域交流会 馬場 裕 宛て
携帯 090-4754-6849


みなさま、ふるってご参加ください。スタッフ一同、お待ちしておりまーす!


(チラシはこちら!)







2016年3月23日水曜日

3月19日、吉田明子さんを迎えて 学習会 「エコな電気を選ぶには どう変わる?電力自由化」開催

みなさま、こんにちは。みたか市民協同発電です。


今日は先週土曜日、3月19日に行われました 学習会 「エコな電気を選ぶには どう変わる?電力自由化」の開催報告をいたします。


当日朝まで雨が降っていましたが、開催の時間に合わせるように雨が上がりました!

三鷹市市民協働センターにFoE Japanの吉田明子さんをお迎えし、学習会を行いました。
電力自由化を目前にしたこの日は、吉田さんが関わる「パワーシフト宣言(パワーシフトキャンペーン)」の内容を中心に、電力会社を選ぶとはどういうことなのか、新たに電力を販売する事業に参入する各社はどのような広報宣伝を行っているのか、など、お話いただきました。


参加の皆さんは資料に目を通しながら、時にはメモを取りながらお話を聞いていました。
また会場内での質疑応答の時間には、みたか発電メンバーからも質問があがりました。



吉田さんのお話のあとには「温暖化ミニセミナー」、地元で市民協同発電所を稼働・運営するむさしのみたか市民エネルギー合同会社からのお話、そして私たちみたか発電の最近の活動報告もあるという、盛りだくさんの内容でした。


みたか市民協同発電代表理事の大谷内千秋からも挨拶がありました。



 今回の学習会は国際環境NGO FoE (Friend of the Earth)Japanの吉田明子さんをお招きして、4月から始まる電力自由化についてお話を伺いました。
電力自由化目前の今、各電力会社は電気料金の安さを競い合っています。「セットでお得!」「使えば使うほどお得!」 …でも、コストやサービス面だけで電力会社を選んでいいのでしょうか。
吉田さんは「何(なに)で作られた電気なのか、その電源構成を調べることがとても大事」だと言っています。

 例えば再エネ、ガス、石炭火力などの化石燃料、はたまた原発からできた電気なのでしょうか。
購入する会社の電気に「何が」含まれているかを調べるということです。
しかし残念ながら各社の電源構成開示は努力義務なので、ホームページを見ても『検討中』というところが多いそうです。また表示されても 「本当に環境に負荷のない電源なのか」 分からない表示もあるようです。
例えば、CO2なしという意味の 『ゼロエミッション電源』 に再エネと並んで原発が入っています。
しかし原発は放射能廃棄物が出る、最も環境負荷の大きいものなのです。

 3.11以降、人びとの思いは 『原発に代わる安全なエネルギーを選びたい!』 というものへと変わりました。それが電力自由化へと私たちを導いたと思います。
最後に吉田さんは「日本はもっと再エネを増やしていく必要があります。ぜひ『パワーシフト宣言』をして、自然エネルギー会社が増えるように応援してください」と力を込めて訴えました。

 都民の6割が原発以外の電気を使いたい と考えているという調査結果があります。
私たちが再エネの電気をもっと使えるように、一緒に応援の声をあげていきましょう。




☆パワーシフトキャンペーンはこちらから → 
http://power-shift.org/
  私たち みたか発電 も賛同団体になっています。


****************************


会場でアンケートを記入いただきましたが、電力会社の変更について検討している方が複数名いらっしゃいました。また、パワーシフトキャンペーンに登録してある、電力会社の紹介メールを待っているところだ という方も。

電力自由化はもうすぐ。最初から完璧にはいかないかもしれませんが、より自然エネルギー中心の電気を使えるよう、情報交換などを今後も行っていきたいと思っています。


2016年3月15日火曜日

3月6日(日) 市内オフグリッド住宅見学会を実施!& 3月19日学習会のおしらせ

みなさま、こんにちは。みたか市民協同発電です。
いつも応援・ご協力、ありがとうございます。


今日は3月6日(日)に行われました三鷹市内のオフグリッド住宅の見学会開催のご報告です。


昨年7月に横浜の佐藤千佳さんをお招きして、講演会を行った時に
「電力会社に頼らず、自分で電気を作って暮らす生活」ができるんだ、と
知った時の驚き、そして喜び。ちょっぴりうらやましい気持ちも…。

まさか、そんなオフグリッドハウスが私たちの街にもあるなんて!

日曜の午前中、畑の目の前の一角に建つOさんのご自宅を訪れた参加者のみなさん、
そしてみたか発電のメンバーはまずは家の外側から、
屋根の上の太陽光パネルや鉛バッテリー、オフグリッドシステムの見学を。


次に家の中にお邪魔して、オフグリッドハウスを建てたこと、現在の想いなど
お話を伺いました。

予定の時間を大幅に超えて、質疑応答も活発に行われました。


参加の皆さんからは感想が寄せられました。

  ****************************

 とても興味深く、驚きの見学会でした。身近な所で創電・節電をされている方々に直に会えて、
  自然エネルギーで生きていくという哲学、実学により近づくことができました。


◆ 3.11から5年を前に感傷に浸らず、自分達の取り組みの行く末を皆で再確認し、エンパワーし合いましょう。


◆ こんなに近くにオフグリッドを実践されている若いご家族がいらっしゃるのも知りませんでした。とても心強いですね。

◆ 実際にオフグリッド生活をされているご家庭にお邪魔させていただき、やはり「百聞は一見にしかず」でした。
   本物の鉛バッテリーや、インバータなどはさほど場所を取らず、延命剤投入などの手間はかかるものの、電気を自給できる喜びに比べれば何のそのですね。
   3.11以後の日本社会、そしてお子さんたちの未来を真剣に考えていらっしゃるからこそ、オフグリッドを実践されたのだと思います。


     ****************************


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。



★ 次はこれ! 今週末、3月19日(土)学習会開催!

  『エコな電気を選ぶには』 どう変わる? 電力自由化


 4月から一般家庭でも電力会社を選べるようになります。
 各電力会社がキャンペーンを始めましたが、分からないことがいっぱい。

 さまざまな私たちからの質問にFoE Japanの吉田明子さんがお答えします。
 エコな、そして適切な電気を選ぶにはどうしたらいいか、ご一緒に考えてみませんか。


 講師:吉田 明子さん(
国際環境NGO FoE Japan 気象変動・エネルギー担当)

  
  3月19日(土)14:00~16:30(開場・受付開始13:30~)
 
 三鷹市市民協働センター第二会議室

 参加費 500円

 定員/50名 直接会場へお越しください!


 みなさまのご参加をお待ちしています!

 ********************************
 NPO法人 みたか市民協同発電 事務局